SIDEBAR
»
S
I
D
E
B
A
R
«
クリームタイプの白髪染め
11月 10th, 2014 by blogger

ヘアカラータイプの白髪染めには様々なタイプが有ります。

ココでは、最も一般的な白髪染めとも言える、クリームタイプの白髪染めについて簡単に解説します。

クリームタイプの白髪染めの多くは、一剤と二剤、二つのチューブに分かれています。

実際に使用する際、一剤と二剤を使用する分だけ混ぜて使うので、生え際の白髪などの部分染めに適しています。

クリームなので液ダレしにくく、生え際部分のような部分的な白髪を安全にしっかりと染めることができます。

通常は、乳液、液状ジェルタイプの白髪染めで髪の毛全体を染めて、髪が伸びてきたら生え際だけクリームタイプの白髪染めを使うのも良いでしょう。

白髪染めは脱色もするので少なからず髪にダメージを与えます。

クリームタイプのように伸びた部分だけ白髪染めができれば、その分だけ髪にダメージを与える事を最小限に抑えられます。

【参照ページ】正しい女性の白髪染め(URL:http://allabout.co.jp/gm/gc/178835/

もちろん、クリームタイプは部分染めだけではなく、適量を用いれば髪の毛全体を綺麗に染め上げることもできます。

そういった意味では、クリームタイプの白髪染めは部分染めから全体染めまで、様々な要望に応えられる使い勝手の良い白髪染めです。

また、使いきりではなく、その都度適量のみ使用できるので、残った分はまた次回使用すれば一本を無駄なく使い切ることも可能です。

無駄なく使えて、しかも様々な用途で使える白髪染め。

クリームタイプの白髪染めはまさに万能型白髪染めといえるでしょう。

初めて白髪染めを利用するという人にもオススメです!


Comments are closed

»  Substance:WordPress   »  Style:Ahren Ahimsa