SIDEBAR
»
S
I
D
E
B
A
R
«
乳液・液状ジェルタイプの白髪染め
11月 18th, 2014 by blogger

ヘアカラータイプの白髪染めというと、昔からクリームタイプが有名ですが、近年では徐々に、乳液・液状ジェルタイプのものが増えているようです。

乳液・液状ジェルタイプの白髪染めは、クリームタイプの白髪染めと比べてどのような違いがあるのか?その特徴を簡単に解説してみたいと思います。

乳液・液状ジェルタイプの白髪染めは、クリームタイプに比べると粘度が低いため、髪の毛全体に素早く馴染むのが最大の特徴です。

それこそ、髪全体に櫛でスーッスーッと素早く染広げる事ができます。

それ故、髪全体に白髪がある方や、黒髪に隠れるようにマダラに白髪がある方でも、簡単に髪全体を色むら無く綺麗に染めることができます。

とりあえず、髪の毛全体を手っ取り早く染めたいとういことであれば、乳液・液状ジェルタイプの白髪染めを使用することをオススメします。

但し、生え際等の部分的な白髪染めや、全体を染めた後に新しく伸びてきた白髪を染める時などには、このタイプの白髪染めはオススメできません。

そういった場合には、粘土の高いクリームタイプのほうが、白髪染めが地肌に付くこともなく安心かつ安全です。

乳液・液状ジェルタイプの白髪染めは、あくまで髪の毛全体を染めるときに利用し、生え際や伸びてきた白髪を部分的に染める時には、クリームタイプの白髪染めを利用する…。

このように状況によって使用する白髪染めのタイプを変えるのも、上手な白髪染めの使用方法といえるでしょう。


Comments are closed

»  Substance:WordPress   »  Style:Ahren Ahimsa